村上 泰一

代表取締役社長

「明日に希望を持つ子ども達が育つ為に、
我々は支え合い成長し続けます。」

教育サービス業

僕は18歳から個別指導の塾で講師を始めました。講師は6年間もやるなんて、当初は考えてもいなかったことです。そんな講師時代に子ども達から多くの事を学びました。それは信じぬけば、成長してくれるということです。そんな想いをより多くの先生に実感してもらえるのではないかと思い、室長の道を選んだのです。ただ、室長になっても講師としてみてしまい、講師から反発を受けたりと全くうまく行きませんでした。笑っちゃうくらいうまくいかなかった...。辞めようとも考えたんです。でも、先輩に言われたんです。


「君を必要としてくれる講師・生徒・保護者は誰一人いないのかい?」


その日、面接の練習をしていた子の顔が浮かび、「一人くらいは...。」と答えたのです。


「だったら、辞めるべきではないね。君は勘違いしていないか?室長はスーパーマンじゃないんだ。もっと地味で地道な仕事なんだよ。その子に何ができるかを考え、実践し信頼を得る。そういったご家庭が1件、2件と増えていく。そういう仕事なんだ。今何ができるかだけを考えて行動するんだね。」


この言葉で現在まで続けることになりました。教室のマネージメント職ですが、一番の仕事は生徒一人ひとりに何が必要かを考え、実践する。講師と共に支える。それがこの仕事です。決して勉強を教えて終わりというものではなく、成長を一緒にしていく素敵な仕事です。

独立

こうして室長業務だけでも7年間勤めてきました。ある日、一人の生徒に夢は何かと聞いたところ、


「夢なんか持てるわけないじゃん。不況だって世の中言ってるし。平凡な人生で終わるだけだよ。」


この言葉を聞いて、愕然としました。どうしてこんな考え方をしてしまったのか。当たり前ですが、夢を叶えてくれるのは国でも政府でもないはずです。自分の力で叶えていくものです。でも、この子は戦う前から諦めている。その時、気づいたんです。


「大人が夢を持ち、夢を語り、キラキラと輝いていれば、それを見て育つ子ども達も夢や希望を持てるはずだ。」


そこで自分の思い描く理想の塾を作ってみようと思ったんです。

創造意識と課題克服力

こうして創業してみようと思い、「自信をつけ、夢を叶える。」という理念に共感し、スクールIEでFC展開を始めました。しかし、出店早々、大手個別指導塾と開校が重なってしまい、思うように生徒さんの人数が集まらず、苦戦しました。ご飯が喉を通らないという経験を、この時、初めてしました。しかし、開き直ったんです。


「どうせ、このままやっていても、数ヶ月で潰れるんだ。だったら、一か八か自分の正しいと思う方法でお金をかけずに生徒の集まる塾を作ってやろう。」


開校6ヶ月で29人しかいなかった生徒は、この後3ヶ月で45人まで急増しました。それは、通っている生徒の満足度の最大化を目指して外部販促に活かすというもので、紹介もたくさん生まれ、救われたんです。この経験から、我々のような零細企業で働く人材は創業者感覚を持っている人、つまり会社に食べさせてもらうのではなく、自分で創意工夫し、挫けない心を持っている人を求めようと思ったわけです。

法人化

創業から4年で法人化をし、明日教育株式会社を設立しました。「明日に希望を持つ子ども達が育つために、我々は支えあいながら成長し続けます」という企業理念を基に教育を実践していきます。前半部分は前述したので、何となく伝わるかと思います。後半の部分はというと、子どもを育てる業界ならば、社員教育に力を入れるべきであり、


「子どもに夢を持たせたいなら、自分がまず夢を持つ」


そんな社員育成を大事にしようと決めたのです。社員が成長をあきらめない限り、上司や会社は絶対に見捨てない。そんな会社を作ろうと思ったのです。ただ社員も成長をしないと会社にいることができません。ですから、上司は部下を評価する前に成長をどこまで支援できたかを問われます。部下を育成できるスキルがステップアップの前提になっているわけです。

今後の展望

そもそも学習塾のみに専念したいと思って起業したわけではありません。自分達のやりたい教育を考えて実現していく社風です。今後、幼児教育・出版・母親支援等、本当に必要な教育を追究し、実践していきたいと思います。